エピローグ New

エピローグ

2ヶ月後、再び統一がなったアメリカ合衆国をはじめ、
世界の国々は、ようやくネオムー帝国の呪縛から解放されていた。
この一年のうちに3億人が死亡し、
中央太平洋の島々や、オーストラリア、パプアニューギニア、
インドネシアなどの地形は大きく変わってしまった。
カリフォルニァ半島とパナマは水没から復活したが、
ミシシッピ川とアマゾン川では、水が引いた後でも、
多くの塩湖が取り残され、長江や黄河でも同様であった。

ずっと春の来なかった東京は、5月末に梅と桜が同時開花したのを機に、
一気に夏に向かって進んでいった。
ネオムーアジア総大使館ビルの飛び立った跡には、
直径150メートルにも及ぶ大きな窪地が、
まるで切り取られたような、鋭角的斜面を見せていた。
まわりには、当局によって柵が立てられ、係官がついているが、
時と共に人々が集まるようになり、
7月になった現在では、ちょっとした東京の新名所になっていた。

「ケープタウンやリスボンに残されたビルにも、
観光客がつめかけているそうですよ」
小山が言った。
「そういえば、良ちゃんがそっちに廻っているようだな」
大川がカメラを向けるまねをする。
オーストラリアから太平洋の島々を巡り、
リスボンとケープタウンに向かったはずの藤守良は、
ネオムー帝国関係の撮影を最後に、
社を辞めてフリーになるのだと聞いていた。
「なんで辞める気になったのでしょうね」
「そりゃーお前、いろいろあるだろうよ」
「そういえば、憑かれたように撮りまくっていましたね」
弥次喜多コンビの会話が続いている。

槙原恂子は、ネオムー帝国の独立宣言以来、
良ちゃんとは、ほとんど会っていない。
この若い優秀なカメラマンが、
いつも自分につかず離れず協力し、援護してくれていたことを思い出す。
(彼はお前に心をよせていた)
(ええ・・・)
他の者には聴き取れない、岡田と恂子の交信である。
「良ちゃんは、きっとフリーで成功するわ」
恂子は、口の中で、小さくささやいた。

ネオムー帝国の特集号は、藤守良から送ってくるはずの、
リスボンとケープタウンの写真を組み入れて、
コメントを加えれば完成というところまでこぎつけ、
編集部は、次に”予言の刻”の復活を検討していた。
このイベントはその性格上、
1年見送るわけにはいかないという論が大半を占めている。
臨時体制を組んでいた、スポーツ娯楽担当も、本来の仕事に戻った。
開幕を3ヶ月遅らせたプロ野球をはじめ、
各種のスポーツが、再び人々の目を楽しませるようになっていた。
「やはり雀聖戦も、決勝だけ残しておくわけにはいきませんよ」
スポーツ娯楽担当デスクの斉藤が、岡田に進言している。
電話が鳴った。
斉藤がとって、岡田に渡す。
岡田は短くうなずいて、すぐに受話器を置く。
「太田黒が失脚した」
岡田はタバコに火をつけながら、独り言のように言った。

国会議員の2/3を占めていた民友党の太田黒首相は、
ネオムー帝国の崩壊後、目に見えて人数を減らしはじめ、
太田黒自身も生気を欠いて、各委員会や本会議での失言が多発した。
同じ人間とは思えないほどの凋落ぶりである。
「もともとネオムー帝国あっての太田黒だったのだ。
今はただの人になってしまった」
「立場やバックにいる者の力によって、勢いを得ている者は、
それが失われると、かわいそうなものですわね」
岡田の言葉に由美が応える。
「でもそんなことに気がつかない人がなんと多いことでしょう」
向かいの席で恂子が言った。

3人は、ほかに客のいないモカの席で、向かい合っている。
恂子は目の前に並んで座っている岡田と由美に一種の憧れを抱いていた。
初めて会った時からそうであったが、
こうして向かい合っていても、二人には男と女という感じはない。
しかし、そこはかとなく漂う雰囲気に、深く愛し合っていることがわかる。
恂子自身が、今、愛の中にいるからこそ分かるのかも知れない。
(私たち二人の愛については、どう思っているのかしら)
恂子はつい考えてしまう。

店内には、もう恂子もおなじみになってしまった
岡田専用のコーヒーの香りが漂っている。
「”GOO”はどうなるのでしょうか」
由美が静かに訊いた。
「大勢のメンバーが失われたのでしょう・・・」
「うむ、伯爵の令息が、国際超常現象会議の後を継ぐことになっている。
それに伴って若い芽が少しずつ覚醒することになるだろう」
岡田が時計をのぞいた。
「世代が移り変わるのですね」
恂子が岡田の意図を知って立ちあがった。
「いってらっしゃい」
由美が控えめな声で見送った。

1時間後、岡田と由美は京王プラザホテルの中宴会場にいた。
復活させた”予言の刻”の会場である。
アイドル歌手、東野京子が物怖じしない態度で時間錠を開放した。
「Sさんの予言です」
彼女は一旦言葉を切って会場を見回す。
「水の底から新しい国が誕生する」
場内にどよめきがおこった。
昨年の新年と同じ風景である。
Sというのは誰だとか、Kとの関係はどうなのかとか、
招待客のあいだで、賑やかな会話が交わされて、会が進行していく。

同じ頃。
リスボンのネオムー帝国ヨーロッパ総大使館ビルは、
赤い屋根と白い壁の続く坂道の行き止まりに、一際高くそびえていた。
ビルの周囲には観光客が群がっている。
この帝国遺産は、各国の研究対象となっていたが、
18階の壁はダイナマイトや、レーザーなど、
可能な限りあらゆる手段をもってしても破壊できなかった。
ヘリコプターでテラスに降り立った研究者たちも、
内部へ入る手段を発見することができないまま、
その表壁やビルの構造などについては、未だ解明されていなかった。

18階にある羽衣の壁の前で、藤守良がカメラを構えていた。
何度かシャッターを切った後、抜けられないはずの壁に吸い込まれる。
27階までを自由に行き来し、無人の通路にシャッター音が響く。
(恂子、俺はようやく分かったぜ。
俺自身が何者であり、何故お前に惹かれるのかを・・・)
良は窓のない壁面から遥か遠い日本の方を眺めた。
「お前は人類にとって希望の星だ。
俺はその光を遮ろうとする者から、お前を守らねばならない。
これからは何時いかなる時でもお前を守ってやるぜ」
自信に満ちた力強い言葉が、良の口をついて出た。

はるか冥王星の軌道を横切って、太陽から遠ざかっていく物体があった。
二つの重合された小さな白銀球と、
四つの細長い漆黒の飛行物体である。
(いよいよ太陽系ともお別れね)
No3の波動が伝わる。
極寒と無重力の中を行く、
ネオムー帝国アジア総大使館ビルの内部60階には、
東京にあった時と寸分違わない世界があり、
紫色の霧が流れている。
「第1回小ワープ開始60分前」
コンピュータの声が流れる。

阿井真舜は58階の自室に佇み、
自分の理想を具現すべく作成した、
ネオムー帝国の縮小模型を眺めていた。
何故か彼には計画挫折の悲哀はなく、
むしろ、自分は与えられた運命に従って生きたのだという、
満足感さえ芽生えていた。
槙原恂子の顔が浮かんだ。
指先に、手に腕に胸にと彼女の肌の感覚が甦ってくる。
やがて彼の姿は霧の中に揺らいで消えた。