NO 319 New

皆様こんにちわ。
5月の五十石館、サロンコンサートは、
1年ぶりにクラシックギターの望月麻千さんを迎えました。
「アランブラの想い出」で、トレモロの妙に酔い、
「ギターでじょんがら」では、ギターでもこんなことが出来るのかと
その津軽的雰囲気とテクニックに、皆さん驚いていました。

縮小_望月麻千2縮小_望月麻千1

第36回サロンコンサート
2024年5月26日(13時30分~14時30分、於いて五十石館)

出演 望月麻千(ギター)

プログラム
 1,ギターのためのソナチネより  作曲:N.パガニーニ
 2,練習曲Op.35ー22「月光」   作曲:F.ソル
 3,Op.51ー1 4          作曲:N.コスト
  「舟歌」     
  「ラ・ロマネスカ」     
 4,「アランブラの想い出」     作曲:F.タレガ
 5,ベネズエラ・ワルツより    作曲:A.ラウロ
  「タチアナ」
    「ヤカンブ」 
 6,シンプルなエチュードより   作曲:L.ブローウェル
 7,「ロンドンデリーの歌」 編曲:佐藤 弘和
 8、「ギターでじょんがら」     作曲:吉田 峯男

プロフィール
 望月麻千
 弘前市生まれ。
 幼少期よりヤマハ音楽教室・ピアノ教室に通う。
 弘前高校ではギター部、弘前大学ではクラシックギタークラブに在籍。
 大学卒業後、ギターを野村泰則氏に師事。
 現代ギター社サマースクールにて、江間常夫、荘村清志、佐藤紀雄、
 福田進一、各氏のレッスンを受ける。
 同スクールのファイナル・コンクール1位。
 結婚を機に、岩手県に移住。
 第4回国際ギターフェスティバル仙台記念コンクール独奏の部1位。
 高田元太郎、田部井辰雄、宮下祥子、渋谷環各氏のレッスンを受ける。
 宮下祥子氏、渋谷環氏のギターコンサートに参加。
 盛岡市在住。現在、岩手県での演奏を中心に活動。

 

カテゴリー: 定期更新 | コメントをどうぞ

NO 318

弘前の桜はすばらしいです・・・もう散ってしまいまいたが・・・。
いかにも潔く、儚く、なるが故に美しいのです。
私もなにかにつけ、そうありたいと思うこの頃です。
しかし、祭りはまだ続いています・・・。
縮小_2024年桜祭り7縮小_DSC_052024年桜祭り

カテゴリー: 定期更新 | コメントをどうぞ

NO 317

縮小_4月1日皆様、
岩木山の残雪、そしてさらに上・・・雲に隠れて見えない・・・
ラピュタがあるかも知れません・・・4月1日、弘前公園本丸から・・・。
今年度も豊かな未来と音楽を!

3月24日、しばらくぶりに「ナイアガラ」の弦とピアノを、お招きしました。

縮小_3 縮小_2多彩なプログラムを堪能しました。

 ①シシリエンヌ パラディス作曲
 ②おもちゃの兵隊の行進曲 クライスラー作曲
 ③美しきロスマリン クライスラー作曲
 ④亜麻色の髪の乙女 ドビュッシー作曲
 ⑤ハバネラ形式の小品 ラヴェル作曲
 ⑥『3つのオレンジへの恋』より行進曲 プロコフィエフ作曲
 ⑦『スカラムーシュ』よりブラジルの女 ミヨー作曲
 ⑧『シンドラーのリスト』よりテーマ ジョンウィリアムズ作曲
 ⑨ルーマニア民族舞曲 バルトーク作曲
  1.棒踊り Allegro moderato イ調
  2.帯踊り Allegro 二調
  3.踏み踊り Andante ロ調
  4.角笛の踊り Moderato イ調
  5.ルーマニア風ポルカ Allegro ニ調
  6.速い踊り Allegro – Piu allegro イ調
⑩ホルン三重奏より第2楽章 ブラームス作曲

プロフィール

二川原 健

 1990年全日本医科学生オーケストラ ヴィオラ首席。
 2004年安達記念オーケストラコンサートマスター。
 2010年より弘前交響楽団指揮者。
 2014年World Doctors Orchestraの震災復興支援日本公演にヴィオラ奏者として
 参加。内分泌内科医。

二川原 静 
 弘前大学教育学部中学校教員養成課程音楽科卒業
 同大学教育学研究科音楽専修修了
 ヴァイオリンを大林修子、宇根京子、ヴィオラを村山弘、ピアノを浜田ゆか、
 浅野 清の各氏に師事。
 ヨークカルチャーセンター専任講師
 弘前交響楽団コンサートミストレス

二川原 遼 
 3歳よりピアノとヴァイオリンを始める。
 ピアノを大高知子、宮本香織、村田恵理、浅野清、ヴァイオリンを
 清水江里子の各氏に師事。
 第12回ショパン国際ピアノコンクールin Asia全国大会銅賞、
 アジア大会奨励賞
 第11回青森県ジュニアピアノコンクール上級の部最優秀賞
 第24回NPO法人東北青少年音楽コンクール銅賞
 弘前交響楽団ヴァイオリン奏者
 弘前高等学校卒業、弘前大学医学部医学科3年。 

 

 

  

カテゴリー: 定期更新 | コメントをどうぞ

NO 316

接続不良で、遅れ、申し訳ありませんでした。

弘前桜の園作曲コンクールの入選作品が決定しました。
小中学校部門の飯塚さんは2年連続の快挙でした。
一般部門の1位が出なかったのは残念ですが、
次回を期待したいと思います。

縮小_21回桜の園作曲コンクール098
1位作品は4月29日に、弘前文化会館で、行われる
第25回未来コンサートで演奏されます。、

 

カテゴリー: 定期更新 | コメントをどうぞ

NO 315

皆様、弘前が2月に雪のない日を迎えるなど、
未だなかったような気がしています。
大鰐スキー場は、雪不足のため、
予定されていた競技大会が中止になりました。
一方、中国やアメリカでは、大寒波に見舞われているようです。
ニュースでは温暖化の影響だと語っています。

私どものサロンコンサートは1月で33回をむかえ、
5回目のマリンバでした。
ハンガリー狂詩曲第2番が圧巻でした。

第33回サロンコンサート
(2024年1月28日13時30分~14時30分、於いて五十石館)

出演

對馬文子(マリンバ)

大屋和香(ピアノ)

プログラム

1,~バレエ音楽~

「くるみ割り人形」より・・・ピョートル・チャイコフスキー

・行進曲

・金平糖の踊り

・トレパーク

2「ドンキホーテ」より・・・レオン・ミンクス

・パドゥドゥ

3,「ガイーヌ」より・・・アラム・イリイチ・ハチャトゥリアン

・レスギンカ

・剣の舞

4.G線上のアリア・・・ヨハン・ゼバスティアン・バッハ

6.いのちの歌・・・村松崇継

7.早春賦・・・中田章

8.ハンガリー狂詩曲第2番・・・フランツ・リスト

プロフィール

 對馬文子 弘前市出身。マリンバを安倍圭子氏、ウッフェ・サベリ氏に師事。2001年世界マリンバフェスティバル主催、マリンバコンクール第2位。1999年より弘前市の藤田記念庭園に於いて定期的にコンサートを行い、県内を中心に演奏活動を行っている。

  大屋和香 板柳町出身。桐朋学園短期大学を卒業。 奥村洋子、勝部裕子氏に師事。県内を中心に声楽、器楽などジャンルにとらわれず、積極的に演奏活動を行っている。

 
縮小_大屋

カテゴリー: 定期更新 | コメントは受け付けていません。

NO 314

縮小_伊具高校FA

月刊弘前、新春随想 

=楽しみの百分率=            
Kミュージックラボ 主宰 川村昇一郎 

 大分前になるが、住友生命が18~28歳まで500人の新社会人に、インターネットでアンケート調査をしたところ、男性は楽しみ38%、不安36%、女性は楽しみ33%不安44%だという。ボクは幼稚園の時から教員志望だったので、楽しみのほうが70%だった。
 最初に赴任したのは宮城県。丸森町の伊具高校・・・当時は仙台からバスで2時間はかかった。ボクは、生活科1年A組の副担任として、教員生活のスタートを切った。ところがしばらくして、担任が病気で長期休暇となった。ボクは急遽担任に・・・女子だけのクラス・・・ボクは22歳。楽しみは80%にあがった。
 音楽部顧問。合唱部は吹奏楽部も加えて大人数の混声で、合同発表会を控えて合宿した。「先生はこっち」と案内された教室には、布団が敷かれ、蚊帳が吊られていた。高級ホテルよりもずっと嬉しくて85%になった。
 教頭は音楽が好きだった。飲み会たけなわとなり、ボクが注ぎに行くと、何時も「椿姫」を語った。やがて、チャチャチャチャン、チャチャチャチャン、チャチャチャチャン、チャンと前奏を口ずさむ。お分かりのアリア「ああそは彼のひとか」だ。時々自宅へも招かれてご馳走になった。新任のせいか、ほんとうによく目をかけてくれて、心にしみ、90%になった
 そんなある日、校長に呼ばれた。校長室に入ると、開口一番「君には散髪する位の給料を出しているはずだがね」ときた。ボクの髪は当時としては長かったらしい。次の日曜日、床屋に行って「料金は払うので、切ったことにして、切らないでください」と言ったら「こっちも商売だからそんなことは出来ません」と言われ、プロの矜持を垣間見た。
 2年目に、今度は数学の教諭が長欠した。ボクは「おまえなら出来る」なんておだてられて数Ⅰを担当した。生徒の成績は、担当者によってかなり変化することを知った。
 
  昨年11月、そんな教え子から電話があった。「先生のコーヒーが飲みたい」と言う。なんとかわいい、七つ違いの女の子・・・だ。前日夜行バスでやって来たという5人は、我が五十石館のコーヒーとアップルパイを楽しみながら、自分たちのこと、町や学校の様子、先生方や、クラスの情報、ボクに叱られたことなど次々と語り、2時間あまりがあっという間に過ぎた。
 その後、彼女達は弘前公園を散策して、すぐにバスで帰るという。「先生に会いに来ただけだから」ワオ!57年の時を経て、忘れかけていた教員生活の楽しみは100%に跳ね上がった。なんだか今年は良いことがありそうだ・・・。

皆様、新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます
2024年元旦

 

 

カテゴリー: 定期更新 | コメントは受け付けていません。

NO 313

窓の外はうっすらと雪が積もっています。
すっかり冬らしくなった弘前ですが、皆様お変わりありませんか。

当方のサロンコンサートでは、
コロナ禍で逡巡しておりました声楽のプログラムを開始しました。
 

プログラム

 イタリア歌曲  

Ombra mai  fu                     ヘンデル                       

樹木の陰で

Lascia  ch’io  pianga                ヘンデル

私を泣かせてください 

 ドイツ歌曲  

Am  die  Musik                    シューベルト

楽に寄す

Wiegenlied                シューベルト ブラームス

子守歌

「ジプシーの歌」よりNo4              ドヴォルザーク

わが母の教え給いし歌 

 オペラアリア  

「フィガロの結婚」より

Voi  che sapete           モーツァルト

恋の悩み知る君は 

「カヴァレリア・ルスティカーナ」より      

Voi  lo  sapete  o  mamma           マスカーニ                     

ママも知る通り 

~ ♧ ~ 

「雪女のレクイエム」

作詩 内海  康也    

作曲 川村昇一郎

1 白のイメージ

2 夢の中でも

3 解体

4 レクイエム 


プロフィール
                                                 
 

井上よし子

 岐阜県出身。愛知県立芸術大学音楽学部声楽科卒業。名古屋二期会を経て、弘前オペラ会員として「カヴァレリア・ルスティカーナ」の主役サントゥッツア、「フィガロの結婚」のマルチェリーナ、ケルビーノ等の役柄を演じる。
 2014年よりアンサンブルY’s(女声二重唱とピアノ)の演奏活動を行う。現在、弘前ヨークカルチャー講師、弘前ユニバーサルコーラスヴォイストレーナー、コールアミー(女声合唱団)の指揮者、弘前総合医療センター附属看護学校の音楽講師を務める。 

古川 佳子 

 青森市出身。国立音楽大学大学院音楽研究科器楽専攻修了。声楽・器楽等のアンサンブル活動を多数行う。
 2014年よりアンサンブルY’s(女声二重唱とピアノ)の演奏活動を行う。フレディ四季コンサート主催「蝶々夫人(演奏会形式)」(2018,2022年)「歌とヴァイオリン」(2019年)でピアニストを務める。2020~2023年うとう女声合唱団(青森市)のピアニストを務める。

拙作も取りあげて頂き感謝致します! 

縮小_写真1縮小_井上縮小_古川

カテゴリー: 定期更新 | コメントは受け付けていません。

NO 312

皆様、岩木山にも初冠雪があり、
短い秋がおわって、冬の気配が漂ってきました。

久しぶりの、俳句による作曲演奏会です。
演奏中、会場には俳句作品の近代詩文書が展示されます。
また、同日、Kミュージックラボより出版します。
縮小_赤間学の俳句による四季逍遙083

縮小_赤間学「四季逍遙」092

カテゴリー: 定期更新 | コメントは受け付けていません。