NO 258 New

令和は英語にすると
Beautiful Harmony.

音楽しているものは原初からそれを目指し、今、さらにそう願っています。
そしてそれは人間そのものにも大切なことではないでしょうかか。

いろいろな事件が起こっています。
あらためて令和を問いなおしたいものです。
まずは音楽の力で・・・。

カテゴリー: 定期更新 | コメントをどうぞ

NO 257

令和元年・・・

これから芸術、文化が美しく花開くことでしょう。
しかし、また、地震、噴火なども目覚めるかも。
いずれにしても
人の心を大切にするような日々であって欲しいものです。

未来コンート無事成功裡におわりました。
ありがとうございました。

私は、あとが無くなってきたけれど
新しい気持ちで、次の一歩を踏み出そうとおもっていますので、
宜しくお願いします。
SF小説「青の幻想」、陸奥新報紙で連載中・・・読んでみてくださいね。
そして
皆様も隆盛でありますように!

川村昇一郎 啓白

カテゴリー: 定期更新 | コメントをどうぞ

NO 256

第22回未来コンサート
縮小_第22回

近づいてきました。
ぜひお運びください。

カテゴリー: 定期更新 | コメントをどうぞ

第15回記念演奏会

15回定演スリル満点でしたが無事終了しました。
おいでになってくれた方々に心から感謝致します。
15回陸奥新報
Still0224_00021
Still0224_00025

カテゴリー: 定期更新 | コメントは受け付けていません。

第15回定期演奏会

Still0224_00122 Still0224_00098 Still0224_00040 Still0224_00036 Still0224_00030 Still0224_00027 Still0224_00023 Still0224_00019 Still0224_00018 Still0224_00017 Still0224_00010 Still0224_00009 Still0224_00008 Still0224_00007 Still0224_00006 Still0224_00005 Still0224_00003 Still0224_00002 Still0224_00001 Still0224_00025 Still0224_00021

おいで頂き大変ありがとうございました。
また頑張ります。

カテゴリー: 定期更新 | コメントは受け付けていません。

No 255

今回から、巻頭言を再開します。

何事も一生懸命やっているうちに、いつの間にか時間がたっているものですね。
15回になりました。
皆様のご支援の賜と感謝しつつ頑張ります。

縮小_001
歌う会・・・懐かしい響きです。
楽しく歌って健康に・・・で順調に進んでいます。
おいでくださいね。

カテゴリー: 定期更新 | コメントは受け付けていません。

NO 254

エピローグ

一時の喧噪が過ぎて、編集部には、つかの間の怠惰な時間が流れていた。
「なかなかいい出来やな」
大きな信楽の灰皿の、盛り上がった吸い殻の上に、
さらに灰を積み上げながら、
刷り上がったばかりの、
月間GOO特集号のページをめくっていた岡田が言った。
恂子と深雪、そして取材中のスポーツ娯楽担当記者をのぞいた全員が、
岡田のデスクの周りに集まってきた。
特に目を引くのは、蝶の形に浮かび上がった陸塊群と、
火柱を噴き上げて今正に沈み込もうとする、ネオムー帝国最期の姿である。
一方は優雅で美しく希望に満ち、
もう一方は凶暴な激しさの中に、言いようのない悲哀を漂わせていた。

「すごいわね、どうしてこんなアングルから写真が撮れるのかしら」
深雪が感動したように言った。
「それに、激しさのなかにも、心をうつ情感がにじみ出ているわ」
恂子が付け加える。
「藤守良にとっては、すべてが命をもっているのだ。
そのものの生の息吹をフィルムに感光させているのだ」
岡田が解説する。
「社をやめたら、もう良ちゃんには会えなくなりますね」
深雪がしみじみと言った。
「フフフ、お前は、きっと又、良に会うことになるだろうよ」
岡田にしては、珍しく饒舌である。
「あのネオムー帝国が、こうもあっさり滅びるとは考えもしませんでした」
「おごれる者は久しからずさ」
小山の言葉に大川がすぐに反応する。
「しかし、天の羽衣教団は、
苦しみからの解放と、人類の平和を、その教義にしていたんですよ」
「それぞれが良いと思ってしたことでも、悪を生むことがあるのだよ」
岡田の言葉が合図のように、
各自、自分の席に戻り始めた時、
扉が開いてスポーツ娯楽担当の連中が、ドヤドヤと入ってきた。

10

「おどろいたなぁ、ぶっちぎりだぜ」
「ほんとだ、青森の阿部が優勝するとは、まったく予想外だった」
相変わらず大きな声だ。
「雀聖戦決勝が終わったのね」
深雪が言った。
(阿部は覚醒したのだ)
岡田が机に両脚をあげながら、チラリと恂子を見た。
(良ちゃんもですね)
(そうだ、そして今に深雪もな)
(仲間が増えているのですね)
(そして皆お前に注目するだろう。
お前は人類の夢なのだ。新しい夜明けをつくるのだ)
「新しい夜明け・・・」
思わず恂子は声をだした。
手が腹部に触れていた。

電話が鳴る。
岡田は、やおら両脚を下ろし、受話器を取る。
「そうか、やはりな」
小さい声が聞こえた。
デスクの山崎を呼んで、何か指示を与えた後、大股に部屋を出て行く。
「仕事だ、仕事!」
突然山崎が怒鳴った。
「んもう、いやになっちゃうわ」
深雪がふくれる。
「リスボンとケープタウンで、
残されたネオムー帝国のビルが崩れ落ちたそうだ。
弥次喜多コンビは、すぐに現地に飛んでくれ」
二人は、はじかれたように立ち上がった。

編集部には再び騒然とした活気が戻り、
岡田のいない机の上で、閉じられた特集号の、水色の表紙が、
赤の題字を主張していた。
”ムーの幻影”
夏の強い陽射しの中であった。

・・・完

(22ヶ月にわたり、ご愛読くださいまして、誠にありがとうございました。
感想などいただければ幸いに思います。
尚、最初から続けてご覧になる場合は、
上部、SF小説「ムーの幻影」をクリックしてください。)

 

カテゴリー: 定期更新 | コメントは受け付けていません。

NO 253

エピローグ

”予言の刻”を終えて帰ってきた槙原恂子は、
郵便受けに入っていた封書を見て、思わず声をあげた。
「良ちゃんからだわ}
裏に、シドニーにて、良と書いてある。
部屋に入って封を切った。
写真が入っている。
振り袖を着た恂子の後ろ姿であった。
(おの時のだわ)
前回の予言の刻の会場で、
後ろから閃いたストロボの光を思い出す。
添えられた1枚の便箋にただ1行、
「いつぞやの写真が出来ました」とだけ、
太い大きな文字で書かれている。
だがその余白には、万感の思いが封じ込められていた。
彼はずっと自分の胸に、その写真を持っていたのだ。
恂子の後ろ姿を・・・
恂子はその時、藤守良がそうであったように、
彼のあるべき姿を悟っていた。

写真をしまって机上に目を移す。
そこにも写真があった。
ネオムー帝国の旅立ち以来、
恂子が大切に飾ってきた阿井の姿である。
気がつかないうちに撮られたのか、別の方向を向いている。
いや別のことを考えているのだ。
恂子は、それが何となく自分のことを考えているようで、せつない。
「阿井さん・・・」
想いが宇宙に至り、ひとりでに言葉が出た。
お湯を沸かし紅茶を淹れて、
戸棚にとっておいた手作りのクッキーを添える。
「どうぞ」
恂子は阿井の写真にニッコリ笑って椅子に腰をおろした。

髪の毛がかすかに揺れた。

まるで本当に阿井がいるかのように振る舞っている恂子には、
その時部屋が微妙にゆがんだのに気づくはずもない。
紅茶を一口含むと、初めて”羽衣”で飲んだ懐かしい味がした。
頭の中で弱音の弦がトレモロする。
(どうして・・・)
自然に阿井の写真に目がいった。
「あつ!」
たったいままでそこにあった写真がない。

「久しぶりの味でしょう」
愛しい人の声がささやきかけ、目の前にその姿がにじみ出た。
「・・・」
瞳を大きく見開いて、
目の前の阿井の姿を見つめている恂子は、声もでない。
そんな彼女の目を、やさしくのぞき込んで、
阿井はゆっくりと、自分のためにテーブルに置かれたカップを取りあげる。
「私たちは今、太陽系を離脱しようとしています。
もうすぐスバルへの第1小ワープに入ります。
そうなれば私の時間移動の限界を超えてしまうのです」
「・・・」
恂子は目を見開いているばかりで、まだ声が出ない。

ふと気がついて壁のカレンダーに視線がいく。
5月になっていた。
写真がないのは当然であった。
時間が2ヶ月以上戻っている。
この部屋は彼ら二人と必要な者をのぞいて過去へ転位していたのである。
「最後のお別れに来たのです。もうあまり時間がありません」
阿井は半分ほど飲んだカップを置いた。
二人はどちらからともなく立ち上がっていた。
「・・・ずっとあなとのことを想っていました・・・そしてこれからもずっと・・・」
恂子ははじめて声が出た。
限りなく素直な気持ちの表現であった。
「愛している」
阿井はしっかりと恂子を抱きしめ、
言い尽くすことのできない言葉をくりかえした。
恂子も思いのたけを込めて、阿井の胸にすがった。
その腕がいつの間にか阿井の身体を通り抜けて、
彼女自身の胸を抱いていた。
気がついて机の上を見た。
写真のなかに阿井がいる。
(やっぱりこの時、ほんとうに私のことを想っていたんだわ)
恂子は確信した。
同時に彼女は自分の腹部に新しい生命の鼓動を感じて、
一瞬とまどい、そして自らを強く抱きしめた。

岡田が頭をあげて由美の顔を覗いた。
「どうしたの」
「やはり恂子は、GOOとムーの架け橋になって、
人類を新しく変えることになるようだ」
彼は肩をさすりながら、再び由美の膝の上にに頭をあずけた。
「まだ痛むの」
「ウム、絶対零度の攻撃はきつかったからな・・・」
岡田をまた肩をさすった。

(次回はいよいよ最終回、エピローグ9~10です)

カテゴリー: 定期更新 | コメントは受け付けていません。

NO 252

エピローグ

同じ頃。
リスボンのネオムー帝国ヨーロッパ総大使館ビルは、
赤い屋根と白い壁の続く坂道の行き止まりに、一際高くそびえていた。
ビルの周囲には観光客が群がっている。
この帝国遺産は、各国の研究対象となっていたが、
18階の壁はダイナマイトや、レーザーなど、
可能な限りあらゆる手段をもってしても破壊できなかった。
ヘリコプターでテラスに降り立った研究者たちも、
内部へ入る手段を発見することができないまま、
その表壁やビルの構造などについては、未だ解明されていなかった。

18階にある羽衣の壁の前で、藤守良がカメラを構えていた。
何度かシャッターを切った後、抜けられないはずの壁に吸い込まれる。
27階までを自由に行き来し、無人の通路にシャッター音が響く。
(恂子、俺はようやく分かったぜ。
俺自身が何者であり、何故お前に惹かれるのかを・・・)
良は窓のない壁面から遥か遠い日本の方を眺めた。
「お前は人類にとって希望の星だ。
俺はその光を遮ろうとする者から、お前を守らねばならない。
これからは何時いかなる時でもお前を守ってやるぜ」
自信に満ちた力強い言葉が、良の口をついて出た。

はるか冥王星の軌道を横切って、太陽から遠ざかっていく物体があった。
二つの重合された小さな白銀球と、
四つの細長い漆黒の飛行物体である。
(いよいよ太陽系ともお別れね)
No3の波動が伝わる。
極寒と無重力の中を行く、
ネオムー帝国アジア総大使館ビルの内部60階には、
東京にあった時と寸分違わない世界があり、
紫色の霧が流れている。
「第1回小ワープ開始60分前」
コンピュータの声が流れる。

阿井真舜は58階の自室に佇み、
自分の理想を具現すべく作成した、
ネオムー帝国の縮小模型を眺めていた。
何故か彼には計画挫折の悲哀はなく、
むしろ、自分は与えられた運命に従って生きたのだという、
満足感さえ芽生えていた。
槙原恂子の顔が浮かんだ。
指先に、手に腕に胸にと彼女の肌の感覚が甦ってくる。
やがて彼の姿は霧の中に揺らいで消えた。

(エピローグ7~8へ続く)

カテゴリー: 定期更新 | コメントは受け付けていません。

NO 251

明けましておめでとうございます。

昨年は、
私の喜寿記念コンサートと祝賀会を開いて頂き、
たいへんありがとうございました。
本年も相変わりませず、ご指導のほど、
宜しくお願い申し上げます。
そして、
ことしは皆様にとって、発展の年でありますよう願っております。

さて、12月から、陸奥新報紙に週一回、
SF、スーパーラブロッマン「青の幻想」の連載が始まりました。
ご覧いただければ幸いです。

本欄で連載しております「ムーの幻影」もエピローグにはいり、
もう少しで終わりです。
最後の一歩、頑張ります。


エピローグ

国会議員の2/3を占めていた民友党の太田黒首相は、
ネオムー帝国の崩壊後、目に見えて人数を減らしはじめ、
太田黒自身も生気を欠いて、各委員会や本会議での失言が多発した。
同じ人間とは思えないほどの凋落ぶりである。
「もともとネオムー帝国あっての太田黒だったのだ。
今はただの人になってしまった」
「立場やバックにいる者の力によって、勢いを得ている者は、
それが失われると、かわいそうなものですわね」
岡田の言葉に由美が応える。
「でもそんなことに気がつかない人がなんと多いことでしょう」
向かいの席で恂子が言った。

3人は、ほかに客のいないモカの席で、向かい合っている。
恂子は目の前に並んで座っている岡田と由美に一種の憧れを抱いていた。
初めて会った時からそうであったが、
こうして向かい合っていても、二人には男と女という感じはない。
しかし、そこはかとなく漂う雰囲気に、深く愛し合っていることがわかる。
恂子自身が、今、愛の中にいるからこそ分かるのかも知れない。
(私たち二人の愛については、どう思っているのかしら)
恂子はつい考えてしまう。

店内には、もう恂子もおなじみになってしまった
岡田専用のコーヒーの香りが漂っている。
「”GOO”はどうなるのでしょうか」
由美が静かに訊いた。
「大勢のメンバーが失われたのでしょう・・・」
「うむ、伯爵の令息が、国際超常現象会議の後を継ぐことになっている。
それに伴って若い芽が少しずつ覚醒することになるだろう」
岡田が時計をのぞいた。
「世代が移り変わるのですね」
恂子が岡田の意図を知って立ちあがった。
「いってらっしゃい」
由美が控えめな声で見送った。

1時間後、岡田と由美は京王プラザホテルの中宴会場にいた。
復活させた”予言の刻”の会場である。
アイドル歌手、東野京子が物怖じしない態度で時間錠を開放した。
「Sさんの予言です」
彼女は一旦言葉を切って会場を見回す。
「水の底から新しい国が誕生する」
場内にどよめきがおこった。
昨年の新年と同じ風景である。
Sというのは誰だとか、Kとの関係はどうなのかとか、
招待客のあいだで、賑やかな会話が交わされて、会が進行していく。

(エピローグ5~6へ続く)

カテゴリー: 定期更新 | コメントは受け付けていません。