作成者別アーカイブ: Kミュージックラボ

NO 239

出発(たびだち) 11 オーストラリアに飛んでいる弥次喜多コンビや、カメラマンの良ちゃんをはじめ、ほとんど空席になっている編集部にも、テレビを通じて情報が入ってくる。「曲先生、大丈夫かしら」恂子の横で、美雪が不安そうに独 … 続きを読む

カテゴリー: 定期更新 | コメントは受け付けていません。

NO 238

出発(たびだち) 9 ”しんかい6500”は限界深度に達していた。「深度、6520メートル。水温2.01度」白戸が報告した時、母船からの緊急連絡がはいった。「よこすか=しんかい。太平洋の様子が異常、急ぎ浮上せよ。オーバー … 続きを読む

カテゴリー: 定期更新 | コメントは受け付けていません。

NO 237

出発(たびだち) 7 「先生、すべて順調です。予定どうり、この海台にそって下降します」投光器が海台の縁から30度ほどの斜面になって落ち込んでいる空間の上部を捉えた。この下は、まだ誰も到達したことのない未知の深淵である。 … 続きを読む

カテゴリー: 定期更新 | コメントは受け付けていません。

NO 236

出発(たびだち) 5 曲立彦は、日増しに強まる海鳴りの発信源を調査すべく、グァムを出航した”よこすかⅡ”の甲板に立っていた。しばらくイライラの原因であった所長が突然倒れ、曲は、その代行を命じられていたが、3日前、海洋科学 … 続きを読む

カテゴリー: 定期更新 | コメントは受け付けていません。

NO 235

出発(たびだち) 3 「女王陛下!」4人が感動の声をあげた。青い海の上空に浮かんでいる女性の像はたちまち拡大し、今や空全体に広がっていた。それは天の羽衣教団18階の壁に描かれていた羽衣そのままの、天女の姿にほかならなかっ … 続きを読む

カテゴリー: 定期更新 | コメントは受け付けていません。

NO 234

出発 1 明るい爽やかな陽射しの中に4人の男が円卓を囲んでいる。(フィリピン沖の地震は我々の手によるものではない)(”破の舞”の最終段階に誘発されたものではないのか)(それにしては規模が大きすぎる。フィリピン沖だけという … 続きを読む

カテゴリー: 定期更新 | コメントは受け付けていません。

NO 233

戦い 44 ネオムー帝国の6っの総大使館ビル内に進入したGOOのメンバーは、教団始まって以来のダメージを与えた。アジア総大使館では、ヴァイオレットクラスNO4を失い、その時点で彼に精神連動していたブルークラス4人と、グリ … 続きを読む

カテゴリー: 定期更新 | コメントは受け付けていません。

NO 232

戦い 42 「だまされてはいけない。帝国はすでに世界中の人間を300万人も殺害しているのだ」突然アジア総大使館ビルの上空から大音声が鳴り響いた。人々は叫びを中断されて、頭上を見上げる。どんよりとした雲の下に、長大な男の姿 … 続きを読む

カテゴリー: 定期更新 | コメントは受け付けていません。

NO 231

戦い 40 テレビなどに反応がないのは当然であった。それは、中央政府ビルをはじめ、帝国のビルに関連する場所にしか、カメラがセットされていなかったからであった。 轟音とともにアイスランドのヘクラ山が火を吹いた。それは次々と … 続きを読む

カテゴリー: 定期更新 | コメントは受け付けていません。

NO 230

戦い 38 「あと1時間か・・・」世界の何処かで誰かが言う。まるで、人類を代表するように・・・。恂子も美雪も、岡田も由美も、そして曲立彦も、みな同じ思いでその時を待っている。 30分前。ネオムー帝国側には何の動きもなく、 … 続きを読む

カテゴリー: 定期更新 | コメントは受け付けていません。