NO 315 New

皆様、弘前が2月に雪のない日を迎えるなど、
未だなかったような気がしています。
大鰐スキー場は、雪不足のため、
予定されていた競技大会が中止になりました。
一方、中国やアメリカでは、大寒波に見舞われているようです。
ニュースでは温暖化の影響だと語っています。

私どものサロンコンサートは1月で33回をむかえ、
5回目のマリンバでした。
ハンガリー狂詩曲第2番が圧巻でした。

第33回サロンコンサート
(2024年1月28日13時30分~14時30分、於いて五十石館)

出演

對馬文子(マリンバ)

大屋和香(ピアノ)

プログラム

1,~バレエ音楽~

「くるみ割り人形」より・・・ピョートル・チャイコフスキー

・行進曲

・金平糖の踊り

・トレパーク

2「ドンキホーテ」より・・・レオン・ミンクス

・パドゥドゥ

3,「ガイーヌ」より・・・アラム・イリイチ・ハチャトゥリアン

・レスギンカ

・剣の舞

4.G線上のアリア・・・ヨハン・ゼバスティアン・バッハ

6.いのちの歌・・・村松崇継

7.早春賦・・・中田章

8.ハンガリー狂詩曲第2番・・・フランツ・リスト

プロフィール

 對馬文子 弘前市出身。マリンバを安倍圭子氏、ウッフェ・サベリ氏に師事。2001年世界マリンバフェスティバル主催、マリンバコンクール第2位。1999年より弘前市の藤田記念庭園に於いて定期的にコンサートを行い、県内を中心に演奏活動を行っている。

  大屋和香 板柳町出身。桐朋学園短期大学を卒業。 奥村洋子、勝部裕子氏に師事。県内を中心に声楽、器楽などジャンルにとらわれず、積極的に演奏活動を行っている。

 
縮小_大屋

カテゴリー: 定期更新 | コメントをどうぞ

NO 314

縮小_伊具高校FA

月刊弘前、新春随想 

=楽しみの百分率=            
Kミュージックラボ 主宰 川村昇一郎 

 大分前になるが、住友生命が18~28歳まで500人の新社会人に、インターネットでアンケート調査をしたところ、男性は楽しみ38%、不安36%、女性は楽しみ33%不安44%だという。ボクは幼稚園の時から教員志望だったので、楽しみのほうが70%だった。
 最初に赴任したのは宮城県。丸森町の伊具高校・・・当時は仙台からバスで2時間はかかった。ボクは、生活科1年A組の副担任として、教員生活のスタートを切った。ところがしばらくして、担任が病気で長期休暇となった。ボクは急遽担任に・・・女子だけのクラス・・・ボクは22歳。楽しみは80%にあがった。
 音楽部顧問。合唱部は吹奏楽部も加えて大人数の混声で、合同発表会を控えて合宿した。「先生はこっち」と案内された教室には、布団が敷かれ、蚊帳が吊られていた。高級ホテルよりもずっと嬉しくて85%になった。
 教頭は音楽が好きだった。飲み会たけなわとなり、ボクが注ぎに行くと、何時も「椿姫」を語った。やがて、チャチャチャチャン、チャチャチャチャン、チャチャチャチャン、チャンと前奏を口ずさむ。お分かりのアリア「ああそは彼のひとか」だ。時々自宅へも招かれてご馳走になった。新任のせいか、ほんとうによく目をかけてくれて、心にしみ、90%になった
 そんなある日、校長に呼ばれた。校長室に入ると、開口一番「君には散髪する位の給料を出しているはずだがね」ときた。ボクの髪は当時としては長かったらしい。次の日曜日、床屋に行って「料金は払うので、切ったことにして、切らないでください」と言ったら「こっちも商売だからそんなことは出来ません」と言われ、プロの矜持を垣間見た。
 2年目に、今度は数学の教諭が長欠した。ボクは「おまえなら出来る」なんておだてられて数Ⅰを担当した。生徒の成績は、担当者によってかなり変化することを知った。
 
  昨年11月、そんな教え子から電話があった。「先生のコーヒーが飲みたい」と言う。なんとかわいい、七つ違いの女の子・・・だ。前日夜行バスでやって来たという5人は、我が五十石館のコーヒーとアップルパイを楽しみながら、自分たちのこと、町や学校の様子、先生方や、クラスの情報、ボクに叱られたことなど次々と語り、2時間あまりがあっという間に過ぎた。
 その後、彼女達は弘前公園を散策して、すぐにバスで帰るという。「先生に会いに来ただけだから」ワオ!57年の時を経て、忘れかけていた教員生活の楽しみは100%に跳ね上がった。なんだか今年は良いことがありそうだ・・・。

皆様、新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます
2024年元旦

 

 

カテゴリー: 定期更新 | コメントをどうぞ

NO 313

窓の外はうっすらと雪が積もっています。
すっかり冬らしくなった弘前ですが、皆様お変わりありませんか。

当方のサロンコンサートでは、
コロナ禍で逡巡しておりました声楽のプログラムを開始しました。
 

プログラム

 イタリア歌曲  

Ombra mai  fu                     ヘンデル                       

樹木の陰で

Lascia  ch’io  pianga                ヘンデル

私を泣かせてください 

 ドイツ歌曲  

Am  die  Musik                    シューベルト

楽に寄す

Wiegenlied                シューベルト ブラームス

子守歌

「ジプシーの歌」よりNo4              ドヴォルザーク

わが母の教え給いし歌 

 オペラアリア  

「フィガロの結婚」より

Voi  che sapete           モーツァルト

恋の悩み知る君は 

「カヴァレリア・ルスティカーナ」より      

Voi  lo  sapete  o  mamma           マスカーニ                     

ママも知る通り 

~ ♧ ~ 

「雪女のレクイエム」

作詩 内海  康也    

作曲 川村昇一郎

1 白のイメージ

2 夢の中でも

3 解体

4 レクイエム 


プロフィール
                                                 
 

井上よし子

 岐阜県出身。愛知県立芸術大学音楽学部声楽科卒業。名古屋二期会を経て、弘前オペラ会員として「カヴァレリア・ルスティカーナ」の主役サントゥッツア、「フィガロの結婚」のマルチェリーナ、ケルビーノ等の役柄を演じる。
 2014年よりアンサンブルY’s(女声二重唱とピアノ)の演奏活動を行う。現在、弘前ヨークカルチャー講師、弘前ユニバーサルコーラスヴォイストレーナー、コールアミー(女声合唱団)の指揮者、弘前総合医療センター附属看護学校の音楽講師を務める。 

古川 佳子 

 青森市出身。国立音楽大学大学院音楽研究科器楽専攻修了。声楽・器楽等のアンサンブル活動を多数行う。
 2014年よりアンサンブルY’s(女声二重唱とピアノ)の演奏活動を行う。フレディ四季コンサート主催「蝶々夫人(演奏会形式)」(2018,2022年)「歌とヴァイオリン」(2019年)でピアニストを務める。2020~2023年うとう女声合唱団(青森市)のピアニストを務める。

拙作も取りあげて頂き感謝致します! 

縮小_写真1縮小_井上縮小_古川

カテゴリー: 定期更新 | コメントをどうぞ

NO 312

皆様、岩木山にも初冠雪があり、
短い秋がおわって、冬の気配が漂ってきました。

久しぶりの、俳句による作曲演奏会です。
演奏中、会場には俳句作品の近代詩文書が展示されます。
また、同日、Kミュージックラボより出版します。
縮小_赤間学の俳句による四季逍遙083

縮小_赤間学「四季逍遙」092

カテゴリー: 定期更新 | コメントは受け付けていません。

No 311

縮小_DSC_0339皆様、いかがお過ごしでしょうか。
酷暑もようやく収まり、中秋の名月も満月となりました。

弘前では、各種の音楽活動がかなり盛んになり、
賑わいを見せてきました。

五十石館のサロンコンサートは、初めての、クラリネットによる、ジャズ演奏でした。
「メモリーズオブユウ」「鈴掛の道」「素敵なあなた」・・・。
学生時代を思い出し、思わず身体が揺れていました。

第29回サロンコンサート
9月24日、13時30分~14時30分(於いて五十石館)

出演
長谷川 健(クラリネット独奏) 

プログラム
 1,歌の翼に (メンデルスゾーン 作曲) 
 2,Ave Maria  (シューベルト 作曲)     
 3,Smoke Gets in Your Eyes ( Jerome KERN 作曲)
 4、Czardas (V.Monti 作曲)
 5,上を向いて歩こう (中村八大 作曲) 
 6,MEMORIES OF YOU ( Eubie Blake 作曲)
 7,鈴懸の径  (灰田有紀彦 作曲)
 8,Pette Fleur (Sidney Bechet 作曲)  

プロフィール
 長谷川 健(クラリネット&サックス奏者)。
 青森県つがる市出身 五所川原高校卒業。
 武蔵野音楽大学(クラリネット科)卒業。 
 1977年帰省、
 南郷ジャズフェスティバル、
 岩木ジャズフェスティバルなどに出演 。
 現在 自宅にて後進の指導にあたる傍ら 
 県内にて、「長谷川 健 カルテット」を率いて活動中

縮小_カルテット
長谷川さんのカルテット・・・楽しみです

カテゴリー: 定期更新 | コメントは受け付けていません。

NO 310

蓋28回サロンコンサート(於いて五十石館)
ピアノ:鈴木久巳子
しばらくぶりに名曲に浸りました。

pピアノ:鈴木久巳子1
鈴木2

カテゴリー: 定期更新 | コメントは受け付けていません。

NO 309

弘前高校140年調整

弘前高校140年調整

弘前高校140年調整

弘前高校140年調整
過日開かれた弘前高校140年記念コンサートは、大きな感動のなかで、終了しました。全国の弘前高校卒業生の皆様とともに、、あらためて140年を寿ぎたいと思います。尚、式典は同窓会総会も含めて10月になります。

カテゴリー: 定期更新 | コメントは受け付けていません。

NO 308

皆様、今年も半ばを過ぎましたが、お元気でお過ごしでしょうか。

過日、弘前高校の創立140年記念コンサートが開かれました。
ご覧の豪華メンバーです。
それぞれ個性豊かで、圧倒的な音楽を響かせ、聴衆を釘付けにしました。

昼の部を聴いた生徒達はどれほどの感動を与えられたことでしょう。
これが契機となって、
音楽を志すことになる生徒も現れるにちがいありません。

演奏の皆様に感謝するとともに、
母校、弘前高校のさらなる発展をお祈り致します。

縮小_弘前高校140年キネンコンサート076 縮小_弘前高校140年記念コンサート077

カテゴリー: 定期更新 | コメントは受け付けていません。