NO 294

弘前管内はようやくコロナ感染者が減少に向かい、
各所で音楽関係の催しが行われるようになりました。
私どもの4月の「未来コンサート」でも、特にコロナ関係の問題はなく、
これからの活動のスプリングボードとなりました。

写真は、その時に初演された、弘前桜の園作曲コンクール一般部門1位
相澤圭吾さんの作品
「朽木の記憶」・・・チェロとマリンバのための・・・です。
演奏はチェロが藤沢俊樹、マリンバが對馬文子で、会場の喝采をあびました。

縮小_2D4A6348

カテゴリー: 定期更新   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>